• このエントリーをはてなブックマークに追加

本田直之氏の「レバレッジ英語勉強法セミナー」に出演してきました。
本当に貴重な経験でした、関係者の方々には心からお礼申し上げます。

第1部 本田直之氏講演

Tシャツにジーンズ、頭にはサングラスと、本田氏の正装(?)で登場。
JPモルガンの「三か月でしゃべれるようになるか、一生やらないかのどちらかだ」という言葉から講演が始まります。
驚きだったのは、日本は世界一英語教育にお金をかけている国だという事。
でも英語レベルはご存じのとおり、下から数えた方が早いという^^;

そこで「レバレッジ英語勉強法」の登場となるわけですが、
詳しい事はレバレッジサロンのメンバーであるやんずさんが書いたマインドマップを参照という事で。。。
「レバレッジ英語勉強法セミナー」
このマップ、すごすぎです^^;

本田さんのプレゼン資料はとにかく字がデカイ!高橋メソッドに近いものがあります。



まず笑いを誘って場を和ませ、客観的な事実で納得させ、ではどうすればいいかを説明するという流れになっており、プレゼンの勉強にもなりました。

第2部 実践者へのインタビュー
ここで我々の出番です。
一人5分程度と短い時間ですが、この時のために何回も打ち合わせをしてきました。
まずひとりずつ簡単な自己紹介とレバレッジ英語勉強法との出会いを説明。
その後、具体的な勉強方法と今後の課題を話しました。

僕の場合はITに特化した勉強方法として、毎日英語のITニュースをWEB上で読み、その中から1記事をピックアップして翻訳、その様子を動画で撮影し、社内に配信しているという話をしました。
動画キャプチャーソフトはカムタジアというソフトを使用しています。

オススメ英語ブログ
Ajiajin
TechCrunch
Official Google Blog

他の方々にはファイナンスだったり、ゴルフだったりとそれぞれ特定の分野に特化した勉強を紹介していただきました。
緊張しつつもなんとか第二部も終了、講演後すぐにハワイに向かわれる本田さんと固い握手を交わし、打ち上げ会場へと向かいました。

それにしても、今でも「本当にやったんかな?」と思うほど信じられない出来事でした。
将来は単独公演できるような人物になりたいと思います^^

Pocket

無料メルマガ登録 - ブログ更新情報・おすすめ書籍をご案内

Related Article

    • 桜少年
    • 2008年 12月 04日

    Mharu君、いい経験ができたようでなにより。
    今回は都合があわず参加できなかったけど、またいきたいと思います。
    特にMharu君の単独講演のときは、なおさら!

    • Mharu
    • 2008年 12月 05日

    桜少年さんコメントありがとうございます
    次はぜひ来て下さいね!
    単独公演に向けて頑張ります^^

  1. トラックバックはありません。

Author


about Mharu
follow us in feedly
track feed 読書I/O日記

どんな本を読めばいいか分からないというあなたへ